スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸術は爆発だ!

2008年05月04日 23:03

Wなので、連日の更新です^^

今日は天気も良かったので、

サイクリングです。


ゼロもいっしょに^^;


目的はお買い物と、昨日に引き続いての芸術鑑賞。


岡本太郎美術館、です。


入り口看板



本太郎さんは、言わずと知れた

『芸術は爆発だ!』の前衛芸術家です。

川崎に縁のある方で、

この美術館も近所にあります。

そのわりに今まで一度も行った事がなかったんですが、

ふと思い立って行って来ました。


衛芸術家の作品って評価が難しいところなんでしょうが、

やっぱり本物目の前で見ると迫力が違いますね~。


基本、でかい作品が多いですし。

美術館の前というか裏にもでっかいモニュメントが立ってました。

建ってたと言うべきかも。


大彫刻アップ


これちょでかです。

大彫刻全体


前を歩く人と比べてください。

ね、でかいっしょ?


が一番印象的だったのは、

『黒』です。

岡本太郎さんというと、

赤、黄色、緑、青、といった、いわゆる原色のイメージが強いですが、

必ずといってもいいほど、黒が印象強く使われています。

しかも、ど真ん中に使われてるケースが多い。

これ、インパクトでっかいっす~。


この黒こそが、岡本太郎さんの作品の方向性を決めている気がします。



は、今回もかなりやられてました。

でも昨日のルノアールと違って、

ちょっと怖い、って。

そりゃそうですね~。


しかし、またまっ反対のを二日続けて行ったもんだな~^^;


ちなみに、今日も携帯カメラで失礼 ノシ


スポンサーサイト


コメント

  1. 万博

    彼のぎょろっとした目忘れません。 何時も好奇心旺盛で、そしてエネルギッシュで、体全体から溢れる気で物を作ったり絵を描いたりしていたんじゃないかな? 昔大阪万博の時の太陽の塔がものすごい印象的に頭に焼き付いています。 ハルさんのご近所、アートが気軽に見れて良いなあ。
    ほんと 芸術派爆発しないとね。 強烈!

  2. ラスファインママゴン | URL | BNDgEOm2

    岡本太郎・・・懐かしい事 思い出しちゃった!
    ネネゴンやニニゴンがベビーの頃・・・寝ている所に大きな音がすると手がワナワナ~!!って万歳っぽいポーズでしてて^^
    それを見たママゴン達は『岡本太郎だよ!』と言っていたんだぁ~(笑)
    岡本太郎氏の作品は嫌いじゃないなぁ~^^

  3. さくらママ | URL | -

    ワタクシも~☆

    万博で見ました。
    岡本太郎=太陽の塔です。
    ハハハ、子どもの年はハルさんちと一緒ですが、
    親の年齢差はものすご~くありますね。
    おみやげで、太陽の塔のペンダント買ってきましたよ。

    それにしても、お嬢さん感受性豊かですね。
    うちの息子じゃ、芸術作品によじ登っちゃいそうですわ。

  4. ハル | URL | 8PpngASk

    >ハッピーのお母さん

    彼が生きている頃は
    変わったおっさんくらいにしか思ってなかったけど
    亡くなってから(つまり私が年をとってから)
    改めて見てみると、やっぱすごいですね。
    抽象画なんてだれでも描けるって言う人がいるけど
    そういう人ってまず絵心が無い。
    あの空間と色のバランスは、ある意味書道に通じるものがあります。
    ピカソなんてほんとすごいものね。

  5. ハル | URL | 8PpngASk

    >ラスファインママゴンさん

    芸術家でもなんでも
    つきつめていくと赤ん坊に帰るって言うよね。
    たしかピカソだったと思うけど、
    死ぬ間際に『やっと子供のように描けるようになった』って
    言ったとか言わないとか^^;
    って関係ないか?^^;

  6. 空(クウ) | URL | -

    はじめまして

    はじめまして、昨日はじめて拝見しました。
    そしてサイドバーの”ほっとけない”を全部見させていただきました。いろいろ考えさせられ、勉強になりました。とりあえず私のブログにも、あなたはしっていますか?を貼らせていただきました。多分ハルさんのブログを見なかったらずっと知らないままだったと思います。
    ありがとうございます。

  7. ハル | URL | 8PpngASk

    >さくらママさん

    太陽の塔、私はぎりぎり記憶にないんですよね。
    両親の話では、私はまだ小さくてわからないだろうって
    実家に置いてかれたそうです。
    もし連れてってくれてたら、今頃偉大な芸術家になってたかもしれないのにな~^^;
    岡本太郎美術館の中には触れる芸術作品もありましたよ。
    掌の形した椅子とか、顔の形した椅子とか。
    顔の方はたしか『座ることを拒否する椅子』って作品名。
    子供でなくても必ず座ってしまいます。
    座り心地は当然最悪ですが^^;

  8. ハル | URL | 8PpngASk

    >空さん

    はじめまして。
    私のくだらないブログを見てくださってありがとうございます。
    私のブログはくだらないですが、
    『ほっとけない』に貼付けてあるリンク先には考えさせられるものばかりです。
    ちょっとごちゃごちゃと貼りすぎてわかりずらいかな、とか
    思ってたので、気が付いて内容をじっくり見てくださったと知ってとてもうれしいです。
    リンクも貼ってくださってありがとう。
    少しでも多くの人が何か考え出すきっかけになれればうれしいです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://adogslife.blog56.fc2.com/tb.php/152-910ab214
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。