スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らんごさん

2006年06月05日 19:15

らんごさんの 『God Bless All Dogs』 がお引越しのため、閉鎖されました。

らんごさんのブログは動物に対する愛に溢れていて、それ故に中途半端な気持ちで動物を飼ったり、買ったり、捨てたりする者に対する攻撃は容赦のないものがありました。

とても勉強熱心な方で、そのブログにもその情報の一端が記されており、どれほど勉強させていただいたか・・。

自分の無知が恥ずかしくなりました。

最終回の文言は一字一句記憶に残したい、名言だと思います。
間違いなく犬ブログ史に残るね。


らんごさん、ヨーロッパに行ってもまたときどき遊びにきてね。
らんごさんの足元にも及ばない稚拙なブログだけど、
おかしいなってことには私なりに問題提起して行きたいです。

そして、もし向こうでもブログを始めるなら、教えてくださいね。



すべての犬達が幸せになれますように。


参加しております。
ワンクリックお願いします。


にほんブログ村 犬ブログへ

 

 
スポンサーサイト


コメント

  1. 同感

    ハルさん、毎度です。商売はぼちぼちですが、来週にとうとうわん卓が入荷予定なので、あれこれ忙しい日々です。 らんごさんって 粋な方でしたね。お会いしていないけど、なんとなく頭の中で想像しちゃった。 これからも私も、ここがおかしい、物言うわんの飼い主として微力ですが、がんばりまーす。 本当にすべてのわんチャン、猫ちゃんが幸せになれますように。

  2. sarajya | URL | -

    いつかまた

    本当に残念です。
    いつかまた復活してくれる事を願っています。
    ぬる~い愛犬家生活だった私に”喝”を入れてくれたのは、らんごさんでした。
    全部を受け入れられなくても、真摯な態度で対応してくれた。他の愛護を口にする方とは違ってましたね。最後の記事は少し強烈でしたが、
    きっと彼女の想いが凝縮されたものなのでしょう。わが身を振り返ると耳が痛いですが。

  3. ハル | URL | -

    >ハッピーのお母さん

    まいど~。わん卓入荷ですか!?がんばってますね~。
    らんごさんファンは結構多かったみたいですね。言葉の重さが違いましたよね。きっとまた復活してくれますよ。再スタートのブログ先に見つけた方が教えるようにしません?

  4. ハル | URL | -

    >sarajyaさん

    残念ですね~。ヨーロッパにお引っ越しという理由だからじきに復活してくれますよ。らんごさんの言葉は強烈だけど愛情が感じられますよね。そのくらいの覚悟があって当然ですもんね。またいつか会いたいです(実際に会ったことはないが・・・)。

  5. usako | URL | 6uROITZE

    ほんと・・

    無知だったワタシには、すごく影響を与えてくれた方でした。
    本当は見たくないような怖い現実も、背けちゃいけないって教わった気もするし。
    その強さと繊細さと愛情の深さがらんごさんのファンになってしまう所以ですよね。
    自分が恥ずかしくなることも多々あったけど・・。。
    またはじけちゃうときの会話もすっごく楽しかった。
    絶対また再会したい!!と思いますよね~。

  6. ハル | URL | -

    >usakoさん

    ほんとにね~。
    そうじゃないのかな?って思ってたことに
    その裏付けや説得力を与えてもらった気がします。
    とても勉強になったし、励みになりました。
    とても正しい普通の感覚を持つすてきならんごさんに、
    またどこかでお会いしたいですね。

  7. KOO | URL | -

    こんばんわぁ~っ!
    ホントに 残念です。
    でも 私が思うのは 今までらんごさんは
    沢山の心を使って ブログを書き続け
    きっと お疲れだったと思うのですぅ~っ。
    ヨーロッパへお引越しされて
    らんごさんの思う(願う)犬との生活をされて
    リフレッシュして 疲れを癒して
    また いつの日にか お会いできたら嬉しいですよねぇ~っd(^-^)

  8. ハル | URL | -

    >KOOさん

    残念ですよね~。
    最後のブログは今まで仰ってたことが凝縮されている
    すばらしい言葉が並んでましたね(ちょい耳が痛い部分もありましたが)。
    これは永久保存版としたいです。
    そして、判断に詰まったり迷ったりしたらこれを読み返しいたと思います。
    らんごさんも仰っていたように、本来は動物達に対する愛護の精神って『活動』のように構えてすることではなく、当たり前にそこに存在しているべきものなんだと思います。少しでもその精神を引き継いで、当たり前に動物がハッピーでいられる国にしたいですね。らんごさんが再び日本にやってきたとき、『日本もよくなったな~』と再来日を検討してくれるくらいに、ね。

  9. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://adogslife.blog56.fc2.com/tb.php/22-0bafa959
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。