スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼロ君がんばるの巻

2006年08月20日 14:53

今日は、男ゼロ君、がんばりました。

先日登録した供血の輪から連絡があり、本日ゼロ君血液を提供しに行ってきたのです。

供血の輪とは輸血を必要としている犬達のために、供血可能なわんちゃんの飼い主さんと輸血を必要としているわんちゃんの飼い主さんの橋渡しをしているHPです。

人間と違い、犬の血液は大量のストックがない状態で、そのときそのときに血液提供を依頼するしかない状態なんです。

今回、このHPを拝見し、ゼロが供血できる犬の条件に当てはまっていることを知り、立候補したのでした。

献血犬の条件とは

1.20kg以上、理想的には25kg以上
2.1歳~5歳位まで
3.各種予防(フィラリア予防、狂犬病ワクチン、混合ワクチン)を毎年実施していること
4.現在、大きな治療(抗癌治療や骨折の治療など)を受けていないこと
5.雌犬の場合、子供を生んだことがないこと
6.過去に輸血を受けたことがないこと

だそうです。

ゼロ君、見事にオールクリアです。

まず、病院に着いてから、処置に対する説明を聞き、万が一採血中に暴れそうなときには鎮静剤の使用を承諾するという書類にサインします。

その後、まず供血犬、つまりゼロの健康状態が問題ないかのチェックとクロスマッチテスト(輸血を待つわんちゃんとの血の相性検査)を行うための少量の採血をします。これは後ろ足の静脈から行います。

この時点で、ゼロ君かなりナーバスになってます。
もともと病院はそんなに得意ではないのに、初めての病院、初めての獣医さんで緊張してます。

DCF_0091.jpg


でこんな感じで絆創膏貼られました。

健康状態は、まったく異常なし。

その後、当初の予定では今回提供するわんちゃんとのクロスマッチの結果を3時間あまり待たなければならなかったんですが、もしよければこのわんちゃんと合わなくとも、他のわんちゃんに提供することを視野に入れて献血していただけないだろうか?との病院側の依頼を受け、結果を待たずにすぐ処置してもらうことに。

でも、準備ができるまでの数分間、ゼロ君これからなにかいやなことがあるってわかっているように不安顔。

DCF_0093.jpg


しまいには

DCF_0094.jpg


こんな感じで股の下に隠れちゃいました。
びびりです^^;。

処置自体はだいたい10~15分で終了しました。
女性の看護士さん二人掛りでゼロを処置台に固定し、私がゼロの顔の前に座り献血しました。
採血は首の頸静脈から行います。
そのためには避けられない処置をしなければなりません。
毛刈りです。
もうこの段階では緊張がピークに達していて、バリカンの
び~んって音だけで、びくってなってました。

首に名誉のハゲができてから、採血開始。
針を刺す、ということにはまったく抵抗もないし、痛みを感じないかのごとく何の反応も示さないので、採血中は問題なし。

血は400cc採ります。
人間の献血と同じですね。
でも体重比からしたら多目ですよね。

止血をしてもらって終了です。
簡単簡単。
ただ、ゼロ君、出口まで猛ダッシュでした^^。

一応2週間分の鉄剤を処方してくれます。
でも、これは副作用として、うんちが黒くなったりゆるくなったりするので、このような症状が出たら、服用を中断するよう注意を受けました。

病院の対応はとても丁寧でやさしくて好感が持てました。

処置が終わってから、今回提供予定のわんちゃんの飼い主さんから、こちらが恐縮するくらいのお礼をされてしまいました。
何度も何度も、ありがとうございます、と仰って頂いて・・・。

今回のわんちゃん、年齢は11歳、悪性のリンパ腫を患っているそうです。
11歳までの間、この飼い主さんにたくさん愛情を注がれていたんだという事が痛いほどわかりました。
少しでも役に立てるのなら、こちらもうれしいです。

で、つい先ほどメールを頂きまして、適合したそうです。
やったね!!
はやくよくなってね。



DCF_0096.jpg

名誉のハゲ


DCF_0097.jpg

疲れてぐっすりのゼロ


自分の愛犬が輸血を必要としたときにその血がなく、それを提供してくれる犬もいなかったら、想像するにその状況は『恐怖』です。

そして、今その状況に置かれている犬が実際に存在していて、うちの子でも協力ができるのなら、協力したいと思うのは自然なことですよね。

もしお宅のわんちゃんも条件に合致するようであれば、考えていただけないでしょうか?
将来の自分の愛犬の姿を重ねて想像してみてください。

でも、もちろん、供血側のわんにかかる負担もゼロではありませんので、無理のない範囲で、ね^^。


供血の輪へのリンクです




参加しております。
ワンクリックお願いします。


にほんブログ村 犬ブログへ

 ペット(犬) Ranking

スポンサーサイト


コメント

  1. りえ | URL | -

    ゼロくんお疲れさま!
    お相手の子、良くなると良いですね!!!
    本当に困ったときはお互い様ですね。
    ゼロくん、鉄材と一緒にレバーのご褒美もらっちゃえば!?(*^_^*)

  2. KOO | URL | dNopNSBk

    こんばんわぁ~っ!
    ゼロくん 頑張りましたねぇ~っ( p_q)
    輸血を必要としているわんこ
    明日は我が犬かもしれないし
    とても 考えさせられました。
    犬の血は 血液型は関係無いと聞いた記憶がありますが
    適合するかしないかがあるのですねぇ~っ!
    ゼロくんの血が そのわんちゃんに適合して
    ほ~んとうに良かったですねぇ~っv-22
    慣れない病院で きっと不安もいっぱいだったはずなのに
    ゼロくんもハルさんもお疲れ様でしたっ!
    サイトも 拝見させて頂きますねぇ~っd(^-^)

  3. usako | URL | 6uROITZE

    頑張ったね、ゼロ君

    ほんとに自分のワンがと置きかえると、何が何でも助けたいと思う気持ち・・当たり前だしすっごくわかりますもんね。
    ゼロ君の血をもらって、元気にこのコも元気になるといいですね!!!
    名誉のハゲですね!!ほんと不安そうなお顔しているけれど
    頑張ったんだね、偉いね!!血になりそうなご褒美をたんまり貰ってくださいっ

  4. ごくろうさん

    本当に勇敢なゼロ君、ハルパパ、今日はご苦労様でした。 いつかはほとんどのわんちゃんが(たぶん)供血が必要になる時期が来るとおもいます。 そのときにもし供血が無かったらと考えると いたたまれません。供血の輪は本当に愛犬を救うための大切なネットワークだとおもいます。輪がどんどん広がれば良いな!
    近く獣医さんの所に健康チェックに行ったら、ピーさんも血液検査してもらいます。 ゼロ君 がんばったね! ご苦労様。
    パパの足の中に顔を突っ込む=恐怖だったのだとおもいますよ。 ピーもきっと!

  5. ちえこ | URL | mYbggkm6

    はじめまして!

    履歴からきました。
    …というか、その前にハッピーのお母さんのところのコメント欄で、供血の輪に登録され、供血にいらっしゃるという内容を読んで、ずっと気になっていました。
    ゼロ君がんぱったのですね。
    私はブログで記事を書くだけ、リンクを貼るだけで、少し無責任か…、と自分自身、心のどこかで思っていました。実際の供血のことも、知らなかったので。
    クロスマッチテスト、バリカン、400ccの採血、ワンコにとっては、やはり大変な負担ですよね。(うちの犬だったら、鎮静剤か麻酔は必須と思われます。)
    飼い主さんとゼロ君の行動力と勇気、本当に素敵です。
    今は供血の輪のバナーを貼って、一人でも多くの人に知ってもらうくらいしかできないけど、
    ハルさんのこの記事を読んで、やっぱりバナーをどんどん貼ろうと思いました。
    こんな風に輪が広がりますように!



  6. くっくちん | URL | USanPCEI

    ありがとうございました

    ゼロ君、不安いっぱいのお顔で、お力添え下さって、本当にありがとうございました。

    毛剃りは、する病院としない病院があります。
    ゼロ君、剃られてしまってごめんなさいね。
    すぐに元に戻るとおもいますが、暫く、辛抱して下さいね。

    年齢も、病院によっては10歳まで程度で、健康状態の良い子が対象になります。
    そして、供血量も、相手の必要量、それぞれの体重などによって、250cc,150ccの場合もあります。

    高度医療が進む中、輸血をいつ必要となるか、わかりませんので、多くの方が、わが身のこととして、お互い様の気持ちで、輪が拡がっていけたらいいなっと願っております。
    これからも、どうぞ、宜しくお願い致します。

  7. ハル | URL | -

    >りえ先生

    びびりのゼロくんがんばりました。
    先方からもとても感謝して頂いて、なんかいいことした気になってます^^。
    ゼロくんレバーはあげなかったけど、いろいろご褒美あげましたよ~。

  8. ハル | URL | -

    >KOOさん

    そうなんですよ、自分のこととして、ゼロのこととして考えてみたら、きっと飼い主さんは藁にもすがる気持ちでいられると思うから、ゼロにできることならって思いまして。犬の血液型に関しては私もあまり良く知らなかったんですが(+か-かとかじゃなかったっけ?)合う合わないは調べないとならないんですね。わ~いドライブだ~くらいの気持ちで車に乗ってたらわかわからんとこで怖い思いして、ゼロは疲れたそうです^^。でもご褒美もらって機嫌は既に直りましたのでご心配なく^^。

  9. ハル | URL | -

    >usakoさん

    名誉のはげは首の頸静脈の位置なのでカラー巻いちゃうとほとんどわかりません。ゼロは毛が長い方ですし。黒ラブの黒い毛を刈ると白い肌が出てくるんですね~。全身刈ったらどうなるんだろう・・、っは!いかんいかん^^。先方もとても喜んで頂けました。同じわんと暮らす者として気持ちはよくわかりますものね。供血の輪が広がるといいですね~。

  10. ハル | URL | -

    >ハッピーのお母さん

    ピーママさんに教えてもらった供血の輪に加わり、少しでも病気のわんさんの役に立ててこちらとしてもうれしかったです。飼い主さんもこちらが恐縮するほどなんどもなんどもお礼言ってくださって。私の車をずっと見送ってくださいました。その気持ちとてもわかりますもんね。供血の輪のネットワークがもっともっと広がって行くことを願うばかりです。ゼロさんは少し疲れたけど、ご褒美もらって満足げでした^^。

  11. ハル | URL | -

    >ちえこさん

    はじめまして。
    ブログも拝見しました。
    なんてすてきなきれいなところにお住まいなんでしょう。
    うらやましい。
    ピーママさんに情報頂いた供血の輪に参加できて、しかもクロスマッチが適合しすぐ提供できてよかったです。ゼロは病院がそんなに好きな子ではないので、ちょっと緊張して大変そうに思われるかもしれませんが、献血の作業自体はほんとあっという間に終わってしまいました。昔は技術的に出来なかったそうなんですが今は人間と同じように血液をある程度の期間保存しておくことが出来るようになったそうなので、今回対象の子にもしマッチしなくても次の子の為にストックすることもできるんだそうです。もうこうなると、全く人間と同じ、『献血』ですよね。狂犬病の注射のときに献血を呼びかけるなんて光景を見られるのもそう遠い日のことではないかもしれませんね。

  12. ハル | URL | -

    >くっくちんさん

    この度は仲介をしていただきありがとうございました。おかげさまで、供血の輪に登録してから提供までほんとあっという間に、迅速に事が運びました。このスピード感って大事なことですよね。まだまだ一般的ではない犬の供血、輸血ですが、将来もっと一般的になることを願ってます。上のコメントにも書きましたが、狂犬病の予防接種の際に、犬の献血を呼びかけるなんて光景が近い将来見られることを願っています。
    メールにも書きましたが、半年くらい経過したらまた参加したいと思います。考えてみたらこれは大型犬にしかできないものだし、健康なんだからやっとかないとね。人間の私もやるんだし、お互い様ですもんね。それに血液検査も無料でやってくれるから簡単な健康診断にもなりますしね^^。

  13. ラスファインママゴン | URL | BNDgEOm2

    ゼロ君えらかったね~!!
    不幸な事って明日は我が身で人事じゃないもんね~・・・出来る事は助け合っていかないといけないんだよね^^
    我が家も供血に協力を・・・と思った時にファインがヒート!今はラスがヒート!!
    ヒート中は駄目ダなんて知りませんでした。
    日々、勉強ですね^^  ゼロ君いっぱい血を抜いた後、美味しい物食べれたのかな?
    我が家のワンコ娘達なら・・・間違い無く見返りを要求してくるだろう。
    物凄い強い視線で・・・そっちの方が注射より怖いわ~(笑)

  14. バンフママ | URL | -

    ゼロくん頑張ったね~。人間だって献血に協力してくれる人はまだまだ少ないのにね。以前バンフのお世話になっている病院から、交通事故で緊急手術を受けるわんちゃんのためにバンフちゃんの血を分けてもらえないか?と電話がありました。急なこととパパが出張中で連絡が取れず私の一存では決められず、わんちゃんには悪いけれどお断りしました。でもやっぱり他犬事ではなくず~っと気になっていました。愛する我が子を助けたいという思いはどの飼い主も一緒だし、いつかはバンフもお世話になるかもしれない、できることがあったら協力していきたいと思っています。

  15. ハル | URL | -

    >ラスファインママゴンさん

    ゼロくんがんばりました~^^。
    少しでも力になれるならの少しがいっぱい集まれば大きな力になりますよね。
    ゼロ、おいしいご褒美もらったともさ~^^。

  16. ハル | URL | -

    >バンフママさん

    そうですね。人間の献血でも駅前とかで声張り上げてがんばってらっしゃいますよね~。自分がもらう側になったらきっと必死でがんばるのにね。少しの労力で重病の子が少しでも楽になるかもしれないって少し立ち止まって考えるようにしたいですよね。みんなが少しずつ、それでいいと思うんです。

  17. りゅうママ | URL | -

    お疲れ様です

    ゼロ君、10分以上の間、頑張りましたねェ。
    スゴイ!!
    エライなぁ~v-237

    私、輸血は まだ1度もやった事がありません。
    なんとなく恐くて・・・
    でも、↑こんな事を言っていては ダメ!!私も 協力しなくっちゃv-218

  18. のっこ | URL | 65RkSkkY

    初めて知りました。

    ハルさん、お疲れ様です。
    ゼロ君、頑張ったね~。
    ゼロ君のおかげで一つの命が助かりましたね!
    すごく素敵な事ですよね!感動しました。
    このようなサイトがあった事、初めて知りました。
    チェックするようにしなきゃ☆
    それにしても、ハルさん優しい~♪
    なかなか他のワンコまで気が回らないものです。
    私も見習わなきゃ!!

  19. ハル | URL | -

    >りゅうママさん

    ゼロも私も針に対する恐怖感はないんですが、ゼロ病院が苦手なほうなので、そういう意味でがんばりました。
    10分あまりの間は、自主的にがんばっていたと言うか、完全に看護士さんに押さえ込まれてたので身動きできなかっただけですが^^。

  20. ハル | URL | -

    >のっこさん

    いや~それほどでも~^^(くれよんしんちゃん風。知ってます?)。輸血でしか命をつなげない子がいて、ゼロにそれを助ける力があるのなら、ちょっとの労力ですからね、これからもできる範囲で協力していきたいと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://adogslife.blog56.fc2.com/tb.php/38-de5c9819
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。